スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牙ホーガン

デュエル・マスターズの歴史の中で、
進化ではない8マナ以上のクリーチャーが出たら、
「牙ボルベルグ」や「牙サファイヤ」、「牙デルフィン」など、
必ずと言っていいほど、そのクリーチャーの名前をとった
「牙○○」というデッキが作られてます。

今回の弾の「サイバー・G・ホーガン」も
決して例外ではないと思って考えてみました。

色はシータカラーですが、「連鎖」の
成功率上昇の為、このカラーリングなら定番の
「ストリーミング・チューター」を
あえて使用せず、「エンペラー・マルコ」を
メインドローとして採用しています。



エンペラー・マルコ×3
サイバー・A・アイアンズ×1
サイバー・G・ホーガン×3
斬隠オロチ×2
パクリオ×1
サイバー・ブレイン×1
クウリャン×4
エメラル×1

ボルシャック・クロス・NEX×1
ボルシャック・大和・ドラゴン×4
爆裂マグマキラウェア×3
隻眼の粉砕脚ポン吉×3

大勇者「ふたつ牙」×2
母なる紋章×1
青銅の鎧×4
幻緑の双月×4

無頼勇騎ウインド・アックス×2


ただホーガンから進化、及びS・アタッカー持ち
クリーチャーを展開して殴り切るだけなら
よくある戦略だけど、このデッキで重要なポジションは
実際はK・ソウルクリーチャー。

このデッキでは手札が枯渇しやすいが、
ポン吉の効果でcipクリーチャーを
バウンスすることによって、
アドバンテージを失わずに
制圧への足掛かりを掴めるし、
ホーガンの効果でマグマキラウェアが
めくれれば、マグマキラウェアの
バウンス効果でアドバンテージを失わずに
ホーガンのcipを恒久的に使用できる。

オロチも重要なパーツで、
ほぼすべてのクリーチャーが
cipとS・アタッカーで構成されている
このデッキならとても便利。

普通に忍者ストライクとして
コンバットトリックのような動きもできるし
自軍のクリーチャーの質を上げる手段として
非常に汎用性も高い。


ボクは先週の大会の時にホーガンを全て
トレードに流してしまったから
このデッキを組むことができませんが、
もし興味を持った人がいたら
一度作ってみてください。
プロフィール

魚肉

Author:魚肉
 
熊本のヴァンガードプレイヤーです。
サブでデュエマもやってます。
最近、CJDという生き物になりました。

・好きなもの/VG(オラクルシンクタンク、孤高の騎士ガンスロッド)/DM(ネクラカラー、黙示賢者ソルハバキ)/東方(怪綺談、風神録、東風谷早苗、アリス・マーガトロイド、神綺、夢子)/同人音楽(こなぐすり、ALiCE'S EMOTiON、凋叶棕、幽閉サテライト、ふぉれすとぴれお)/同人誌(Lunade Luna、MILK BAR、空中線とらきゃっと、いちごさいず、D・N・A.Lab.)

SkypeID gyoniku.
忙しい身なので基本オフラインですが;

Twitter
ついったーはじめましたー。  
TOHO CLOCK
早苗さんのお告げ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
『レミニセンス』応援中です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。